にきびの治療法

にきび治療HOME

にきびのお悩みを解決
赤ニキビを始めとした炎症を伴うニキビは、放置しておくとニキビ跡の原因へ繋がりやすく、
十分に気をつけたい要素であるといえます。

一般的に初期の段階ではニキビに炎症は見られず、皮脂の詰まった白ニキビと呼ばれる状態が
しばらく続きますが、アクネ菌の過剰な繁殖と同時に内部で有害物質が生成され、
免疫反応で皮膚炎を起こします。

皮膚炎を起こした状態でのニキビ治療は、抗生物質やステロイド剤などの強力な薬が用いられる傾向にあり、
まずはこれらを使って炎症を抑えることへ重点をおくべきです。

ただし、皮膚炎の治療に対して優秀な薬は肌のバリア機能を低下させるなど副作用も存在し、
ニキビ治療で使用する場合はやむを得ない選択となる点を理解しておかなければなりません。

よって、ニキビ治療における薬は使用後にニキビが治まっても油断せず、
肌の免疫力は低下している点を踏まえた保湿及びホルモンバランス治療が
効率的な改善策として求められてきます。